いびき対策,睡眠時無呼吸症候群

いびきと睡眠時無呼吸症について

いびき,イビキ,鼾,対策,睡眠時無呼吸症候群

イビキというと、以前は「うるさい」とのイメージしかなかったようですが、最近では「睡眠時無呼吸症」が注目されるようになり、怖い病気かも知れないという恐怖感が付きまとうものとなっているように感じられます。

 

 

いくら睡眠時間をとっても、昼間に眠くなってしまう、などという場合は特に注意が必要です。

いびきをかいている状態というのは、眠りが浅い状態で、これが原因となり、慢性的な睡眠不足状態になっている可能性があるからです。

 

 

さらに怖い情報ですが、いびきをかく人のうち約70%の人が、呼吸停止をひきおこしているという調査結果があるのです、この呼吸停止の状態が、睡眠時無呼吸症のことで、SASといわれています。

 

この睡眠時無呼吸症は、1回に10秒以上の呼吸停止を7時間の睡眠中に30回以上繰り返す状態をさし、大きないびきが繰り返されていると思っていたら、突然いびきが止まって静かになり、しばらくしてからまたいびきが繰り返されるような状態になります、さらに、呼吸停止状態が1分以上も続く場合もあるのですが、本人にその自覚がまったくありません。

 

家族と暮らしている場合は家族に気が付いてもらえればよいのですが、一人暮らしの場合などは、いくら眠っても、昼間に眠くなるなどの状態が続く場合、一度検査してもらう必要があるのかもしれませんね。

 

 

現在では、自宅で、自分で検査できる「睡眠時無呼吸メディカルレスキュー」という会社が行っている検査サービスがあるようですので、まずはこれらのサービスを利用してみるのもよいかもしれません。

 

いびきは放っておくと、心筋梗塞や脳溢血を引き起こすこともあるようです、いびきは治療を受ければ改善される病気ですので、早い処置が必要です。


inserted by FC2 system