いびき対策,睡眠時無呼吸症候群

いびきと睡眠時無呼吸症について

いびき,イビキ,鼾,対策,睡眠時無呼吸症候群

イビキというと、以前は「うるさい」とのイメージしかなかったようですが、最近では「睡眠時無呼吸症」が注目されるようになり、怖い病気かも知れないという恐怖感が付きまとうものとなっているように感じられます。

 

 

いくら睡眠時間をとっても、昼間に眠くなってしまう、などという場合は特に注意が必要です。

いびきをかいている状態というのは、眠りが浅い状態で、これが原因となり、慢性的な睡眠不足状態になっている可能性があるからです。

 

 

さらに怖い情報ですが、いびきをかく人のうち約70%の人が、呼吸停止をひきおこしているという調査結果があるのです、この呼吸停止の状態が、睡眠時無呼吸症のことで、SASといわれています。

 

この睡眠時無呼吸症は、1回に10秒以上の呼吸停止を7時間の睡眠中に30回以上繰り返す状態をさし、大きないびきが繰り返されていると思っていたら、突然いびきが止まって静かになり、しばらくしてからまたいびきが繰り返されるような状態になります、さらに、呼吸停止状態が1分以上も続く場合もあるのですが、本人にその自覚がまったくありません。

 

家族と暮らしている場合は家族に気が付いてもらえればよいのですが、一人暮らしの場合などは、いくら眠っても、昼間に眠くなるなどの状態が続く場合、一度検査してもらう必要があるのかもしれませんね。

 

 

現在では、自宅で、自分で検査できる「睡眠時無呼吸メディカルレスキュー」という会社が行っている検査サービスがあるようですので、まずはこれらのサービスを利用してみるのもよいかもしれません。

 

いびきは放っておくと、心筋梗塞や脳溢血を引き起こすこともあるようです、いびきは治療を受ければ改善される病気ですので、早い処置が必要です。


いびきと鼻孔拡張テープ

鼻が詰まっていたり、鼻の通りが悪いと、集中力が欠けてイライラしがちになってしまいますよね。

 

睡眠時に鼻が詰まっていると、ぐっすり寝ることもできませんから、いくら寝てもスッキリとしないことも多いのではないでしょうか。

 

鼻呼吸ができないということは、いびきの原因にもなります。

 

鼻詰まりを解消して、いびき防止にもなる鼻孔拡張テープ、スポーツ選手なども使用していますので効果は確かなようです。

 

鼻孔拡張テープは、プラスチックの反発力を利用して、粘着テープの下に組み込まれたプラスチック製板が鼻孔を広げる効果があるります。

 

メンソールの香りがするものや、目立たない色のもの、子供用のかわいい柄のものなどがあり、お値段は10枚で約600円ほどですので、いびきに悩んでいる方や、鼻がスッキリしない方は一度試してみてください。

いびきと高血圧・糖尿病の関係について

睡眠時無呼吸症には、糖尿病や高血圧の合併が多いといわれています。

 

睡眠時無呼吸症の治療に使われるCPAP療法では、これによって血圧が下がることが分かっています。

 

CPAPを使わなくてはいけないほどの、いびきに悩んでいる方の多くは、肥満体型であると言われています。

 

CPAP療法を始める場合、ダイエットを指示されることが多いでしょう、ダイエットに成功して、喉の気道が確保され酸素を取り入れる量が多くなると、血圧も正常値を示すようになってくるようです。

 

糖尿病や高血圧を患っている方は、取り入れる酸素が少ないとこれらの病気を悪化させてしまうのです。

いびきと昼間の睡魔について

昼間でも眠くなると睡眠時無呼吸症の疑いがあり・・・なんて言われると、昼間に眠気を感じると心配になってしまいますよね。

 

ただし、寝不足や、満腹感からの眠気と言うのは誰でもあるものですよね。

 

通常の睡魔ならばさほど心配する必要は無いと思うのですが、昼の間中ずっと眠いというのならば、話は違ってきます。

 

毎日毎日眠気を感じると、睡眠時無呼吸症なのではないかと心配になり、専門医を尋ねる患者さんはとても多いようです。

 

専門医では、すでにいびきをかいていると本人に自覚がある場合は、睡眠時無呼吸症の検査が行われます。

 

昼間の眠気が尋常でない場合は、睡眠時反復検査という検査が行われ、これによって、過眠症と判断されれば、昼間の眠気を抑える薬などが処方されます。

いびきの在宅検査サービス

睡眠時無呼吸症は、専門医で検査を受けることができます。

 

しかし、よほど深刻な状態にならないと、病院にいくほどではないかな?と悩んでしまいますよね。

 

睡眠時無呼吸症を、自宅で簡単に検査できるシステムがあります。

 

睡眠時無呼吸メディカルレスキューという会社が行っている「睡眠時無呼吸症」検査サービスがそれです。

 

電話やインターネットで検査の申し込みをすると、自宅に検査機器が送られてきて、同意書などの書類にサインをしたら、検査開始です。

 

気になる検査内容は、送られてきた検査機器は、血圧を測るような機械になっていて、これを手首に巻いて、あとは一晩寝るだけ、検査後に機械と書類を返却後に検査結果の解析が行われます。

 

検査結果後、睡眠時無呼吸症の疑いがある人には、無償で専門医を紹介してくれるシステムもあるそうですから、いびき防止法も見つかりそうですね。

 

ただし、注意しなくてはいけないのは医療機関ではないため、医師の診断がほしい場合は、依頼書に医師の判定を希望するとあらかじめ記入しておく必要があります。

 

料金は5,500円です。

 

 

 

- オススメ リンク集 -

 

ホリスティック医学とは?

漢方薬とは

骨粗しょう症

うつ病とは?

成人病にならない!

体調不良とビタミン・ミネラル

心臓病(狭心症・心筋梗塞)

動悸と不整脈

子供不整脈

乳がんを早期に発見するためには?

安心&安全な精力増強方法

不眠症には

いびき防止

コンタクトレンズ・トラブル

テーピングで痛み予防&緩和

手作業リンク集

inserted by FC2 system